総合格闘家でYouTuberのシバターが朝倉未来を批判「負けてうれしかった、というのはマイナスでしかない」

スクリーンショット (2930)

539: 実況厳禁@名無しの格闘家 2020/11/23(月) 09:28:47.33 ID:0vm1NHEI0

シバターめっちゃ良いこと言ってんじゃん、確かに格闘技にかけてる人なら「負けて嬉しかった」なんて言葉絶対言わないわ

格闘家・朝倉未来(28)敗北の波紋が広がっている。 (中略)

朝倉未は自身のユーチューブチャンネルで敗戦の弁を語っているが、朝倉未来、海の兄弟とリング上で戦った経験がある、総合格闘家でユーチューバーのシバターが「朝倉未来!お前が負けて、一番悲しいのは俺なんだよ!」とのタイトルで動画をアップ。 

開口一番「言い訳がひどい」と朝倉未来を批判。

朝倉未の動画を振り返りながら「完全に言い訳。取り巻きのイエスマンに受け答えさせる感じの動画で。オレはね悲しいよ」と苦い表情。

「オレはね気づいた、朝倉未来は格闘技に必死じゃないよ。
『肩の荷が下りた』『プレッシャーから解放された』と言ってるけど、ユーチューブがなく、格闘技しかない人間だったら、そういった言葉は絶対に口にしない」と指摘。

「自分はチャンピオン、RIZINの看板でなくてはいけないという意識があるのなら、負けてうれしかった、というのはマイナスでしかない。
格闘技で食っていけなくなるんだから。絶対に負けてうれしかった、なんて言葉は使わない。
朝倉未来はみんな知っての通り、いまやユーチューバーだからね。だから、そういった言葉を口にできるんだよ。
ダメだよ。格闘家としてそれではダメ」と、シバター。(全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0bbcd2b6e14e2e048f00442366997a1735ada05e

続きを読む
続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする