【ポケモンGO】「ヒトカゲ」「リザード」「リザードン」のオススメ育成法・色違い・メガシンカの姿

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! スピアーのメガエナジーは集めたかな? お兄さんは何だかんだ999個のメガエナジーを集めちゃったよ……。我ながらこういうところが変態っぽくて自分でもドン引きするよね!! だって絶対にそんなに必要ないからね!

それはさておき、ビギナーから中級者にはとても参考になる(ハズ)、ポケモンのオススメ育成講座、今回は「ヒトカゲ」「リザード」「リザードン」をご紹介する。メガシンカの実装で一気に主役クラスに躍り出たリザードンは、以下の育成方法がオススメだ。

・育成の難易度は高め

強力なポケモンがズラリと並ぶ ほのおタイプの中で、これまでのリザードンは「そこそこ使えるけど必須ではない」といったやや中途半端なポケモンであった。野生での出現もわずかで、さらに言えば意外と捕まえにくい。アメ集めは巣に出かけるか、イベント待ちが現実的だ。

・色違いとメガシンカの姿

さて、第1世代「カントー地方」のポケモンということもあり「ヒトカゲ」「リザード」「リザードン」には既に色違いが実装されている。特に人気なのは通称 “黒リザードン” で、全色違いポケモンの中でも屈指のカッコ良さ。ただし、過去にコミュニティ・デイが開催されているため、レア度は低い。

また、リザードンはメガシンカ対象ポケモンであり「メガリザードンX」と「メガリザードンY」に分岐する。メガリザードンXは「ほのお / ドラゴンタイプ」で、メガリザードンYは「ほのお / ひこうタイプ」となっており、詳細については後述するがそれぞれ1体ずつを育成したい。

・オススメ育成法

さて、メガリザードンの実装によりリザードンは最大5体育成しなければならない可能性がでてきた。これまではハイパーリーグ用に通常のリザードンを1体育成しておけば良かったが、メガリザードンXYをそれぞれハイパーリーグとマスターリーグ(ジム・レイド兼)用に育成した方がいいかもしれない。

現在のところGOバトルリーグでメガシンカポケモンは使用できないため、詳細についてはわかりかねる。……のだが、2020年10月に開催される2回目のコミュニティ・デイで「りゅうのいぶき」を覚えるため、少なくとも高個体値のXとYは以下のわざ構成がオススメだ。

メガリザードンX(りゅうのいぶき / ブラストバーン / ドラゴンクロー)

メガリザードンY(ほのおのうず / ブラストバーン / ドラゴンクロー)

これが何を表しているかというと「高個体値(+ハイパー用)のリザードンは2体必要」ということ。1体のリザードンでXとYに分岐できるが、最適なノーマルアタックがそれぞれ違う。りゅうのいぶきは特別なわざ扱いになる可能性が高いため、1度忘れてしまうと復活への難易度は極めて高い。

・難易度は高いが育てる価値はある……ハズ

幸いにも2回目のコミュニティ・デイが10月に控えているため、どうにかして高個体値及び良個体値のヒトカゲを2体確保したいところだ。高個体値のXとYはそれぞれレイドバトル、ジムバトル、ロケット団戦で活躍できる。メガエナジーが必要ではあるが、ぜひ育てておこう。

というわけで、メガシンカの実装により大きく育成環境が変わりそうなリザードン。いずれにせよ膨大なメガエナジーが必要なので、コツコツとメガレイドをこなしておきたい。10月のコミュデイは久々に超本気出すぜ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

リザードン(ほのお / ひこうタイプ)
メガリザードンX(ほのお / ドラゴンタイプ)
メガリザードンY(ほのお / ひこうタイプ)

スーパーリーグ用オススメ育成度(☆5中): ☆☆(りゅうのいぶきを覚えてもタイプ的にかなり厳しい)
ハイパーリーグ用オススメ育成度(☆5中): ☆☆☆☆☆(りゅうのいぶき習得でさらに輝く)
高個体値のオススメ育成度(☆5中): ☆☆☆☆☆(XとY、それぞれ1体ずつの育成を推奨。マスターリーグでは厳しそう)

まとめ: メガシンカの実装でXもYもエース級の活躍ができそう。ただし、特別なわざが必須になってくるため育成の難易度はやや高めか。黒リザードンはマジでカッコいい。色違い100なんて持ってたら一生ドヤれる。

※情報は記事公開時点のものです。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする