【デカ盛り】クォーターじゃない、本当のパウンドだ! 夢の巨大ハンバーガーを作ってみた

気づいてしまった。世の中にデカ盛りグルメは数あれど、もっともボリュームのある、かつ好みに合った料理を食べられるところといえば、つまるところ「自宅」じゃないだろうか。

パティ2倍だとかグルメバーガーだとか……新発売のニュースを見て慌ててお店に走る必要はない。自宅ならやりたい放題だ。というわけで「理想のデカ盛りバーガー」を作ってみた!

・パティとバンズはここから購入

バーガーを名乗るからには、なにがなくともパティとバンズは必須である。今回はネットショップ「ミートガイ」の「特大・手作りハンバーガーセット」(税込1640円)を購入した。同社のオリジナル商品で、バンズ1つ、パティ1枚のセットが冷凍便で届くのだが……

て、手よりも大きいパティ!

厚さは1cmほど。薄いがしっかり成形されている。100%ビーフで無添加・無着色、化学調味料は未使用とのこと。同じサイズのバンズは国内のパン工場で作っている特注品だそう。

・まずは具材を用意

ハンバーガーなので基本的には好きな具材を重ねるだけ。と思いきや、いろいろと下準備が必要だった。トマトやレタスは洗って切って、生タマネギは辛かったのでレンチンした。

アボカドは種にそってぐるりと包丁を入れてから、両手でひねるようにすると簡単に種から外れる。

……と知ったかぶりをしてみたが、レシピサイトに書いてあった。その通りだった。発見した人すごいな。

バーベキューソースもレシピサイトを参考に。ケチャップとソースの混合体だが、酸っぱいものが苦手なのでソース多めで。手作りだと味も好きなようにできるのが魅力だ。

バンズは上下に2等分に切って、レンジのトースター機能でこんがりさせるが……大きすぎて2枚は入らない。1枚ずつだ。

それではパティを焼いていく。これだけでフライパンがいっぱいになるサイズである。

先ほど「薄い」といったのを撤回したい! 火を通すとふっくらしてきて、厚みが2倍くらいになった。ワイルドで肉々しいハンバーグである。

ちなみに筆者は普段ほとんど自炊をしないので、ハンバーグを焼いたのは10年ぶりくらいである。割って火の通りを確認したい誘惑にかられるが、ここは我慢だ。透明な肉汁が出てきたら焼き上がり……だったかな? 合ってる?

・具材を重ねる順番は?

準備完了。いざ、積み上げてハンバーガーにしていくぞ。どういう順で重ねるのが正解なのかググってみたのだが、これが千差万別のようだ。大手ハンバーガーチェーンでも肉に対してレタスが「上派」と「下派」に分かれるようだし、具材にいたってはいろいろなパターンがあった。

1つ納得したのが「野菜の水分でバンズがクタクタになるのがイヤ」という声。バンズは必ずバターでコーティングするという意見もあったぞ。

ネット上の意見を参考に、バターもどきを塗ったバンズに熱々のパティをオンした。

そしてチーズはやっぱりとろけて欲しいので、パティに重ねる。肉の余熱で溶けてくれるはずだ。

トマト、オニオンを載せて……とここでソースを忘れていたことに気づいた。ソースはやはり「肉」に塗るべきじゃなかったか!? 慌てて野菜の上からかける。ついでにマヨネーズもかける。

さらに足し肉だ! すでにハンバーグがあるにもかかわらず、カリカリに焼いたベーコンと、ハムまで載せてしまう。普段は「どれか1つ」でおかずになるヤツを全部入れちゃうのだから贅沢の極み! 肉と脂のコンビネーションで胃もたれ決定だ。アボカドも好きなだけ載せ放題。

最後にレタスをたっぷり載せたら完成! 肉だけだと身体に悪いから、野菜で帳消しだな。

・実食

ここに至高のハンバーガーが誕生した……。感動だ。かたわらの普通サイズの包丁が、テーブルナイフに見える大きさである。

直径およそ20cm。ほぼ手のひらと同じ。

手に持つとずっしり重い。それもそのはず、パティだけで約1パウンド(450g)!

好きな具材だけが入った理想のバーガーだ。好みによっては目玉焼き、スモークサーモン、サラダチキンなどなど、なんでもありだろう。では食べてみようじゃないか。

そのままでは持ち上げられない。4等分してようやく「夜マック」にしたビックマック1個分くらいのサイズ感。

YEEHAW〜!!

まずハンバーグが旨い。ゴロゴロと肉の食感があるちょっと固めのハンバーグで、大好きなタイプだ。ハンバーグは「ふわっと」が好きな人と、「がっしり」が好きな人がいると思うのだけれど、筆者は断然後者!

そしてアボカド〜! コスパ重視のファストフード店では希少価値のアボカドを好きなだけ載せられる、これぞ「おうちバーガー」の醍醐味である。トマトもケチケチしないで思いきり厚切りにできる。

もちろん1人では食べきれない。けれどここは自宅!! 家族と分け合ってもよし、ラップして夜食にしてもよし。最高!!

・おうちバーガー最高

おうちバーガー、めちゃくちゃ美味しかった。唯一の難点は、筆者が料理するのが苦手で外食ジャンキーなことくらい。もし料理が苦にならなかったり、家族でわいわい作るのなら手軽で楽しいだろう。

執筆日現在、上記の「特大・手作りハンバーガーセット」は品切れしているが、入荷通知を受け取ったり、パティ(特大グラスフェッドビーフパティ450g)だけなら購入可能だ。普通サイズのバーガーやホットドッグのセットも豊富に取り扱っている。パーティメニューとしてもオススメなのでぜひ!

参考リンク:ミートガイ公式サイト
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする